4.7インチ版「iPhone 6」のストレージ容量は16GBから

本日、各種チップが搭載された状態の「iPhone 6」の4.7インチモデルのロジックボードの写真が流出しましたが、その写真から4.7インチモデルでは引き続き16GBモデルが存在する事が確認されました。

ロジックボードには東芝製のNANDフラッシュメモリが搭載されているのですが、部品番号からその容量は”16GB”であることが判明しました。
iphone_6_nand_flash 先日、「iPhone 6」のラインナップは16GB/64GB/128GBになるかもしれないとの情報がありましたが、取り敢えず、16GBモデルの存在だけは確認されました。

[via MacRumors

関連エントリ
「iPhone 6」のNFC搭載が確認出来る証拠写真 ー 「A8」チップはデュアルコアで最大動作クロック数は2.0GHzか
「iPhone 6」ではついに128GBモデルも登場か

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事