「iPhone 6」の本物とクローンやモックアップとを見分ける方法

「iPhone 6」は早くから多数のモックアップやクローンが登場していますが、そのモックアップやクローンと本物とを簡単に見分ける方法が公開されていたので紹介します。

本物とされるフロンパネルとモックアップやクローンのフロントパネルは、フロントカメラや各種センサーの穴の大きさや位置に違いがあり、その違いを分かり易くまとめたものが下記画像で、この画像と照らし合わせる事で端末がクローンなのかが分かるようになっています。
BwIhuVmIEAAOtRd なお、”本物”といってもあくまで「iPhone 6」とされているだけであり、実際に発表されるまでは本物かどうかも不明ですが…。

[via ‏@stagueve

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事