「iPhone 6」に搭載される次期M7コプロセッサのコードネームは「Phosphorus」か

先日から「iPhone 6」に関する様々な情報をリークしているGeekBarが、今度は次期M7コプロセッサのコードネームは「Phosphorus」と呼ばれているようだと報告しています。
005vdhtugw1ejgzchscgej30ip09w0u0
そのことを示す回路図が上記画像で、次期M7コプロセッサは現行と同様の役割を果たすものの、新たに外部アクセサリーと通信する事が可能で、「iPhone 6」ではA8プロセッサを起動することなく低出力で健康関連デバイスやフィットネスデバイスと通信する事が可能になるものとみられています。

また、噂されている「iWatch」との同期などにも使用されるのではないかと予想されています。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。