Apple、タイの国家放送通信委員会の「iPhone 6」関連の情報開示を問題視

先日、タイのNBTC(国家放送通信委員会)の事務局長であるTakorn Tantasith氏が、Appleからの「iPhone 6」の販売許可申請を承認した事を明らかにしたとお伝えしましたが、MacRumorsによると、AppleがNBTCの関係者と会談した事が分かりました。
t_iphone6_martinhajek_beb Appleは、NBTC側がAppleの機密情報を公開してしまった事について問題視しているようで、NTBC側は製品の詳細を明らかにしておらず、消費者を保護する為だったと主張しています。

Apple側は新型「iPhone」の名称が必ずしも「iPhone 6」になるとは限らない事を強調しており、状況を議論するために会談を要請したとのことですが、この件がタイでの「iPhone 6」の発売に影響を及ぼすことはないようです。

Appleがここまでの対応を行うという事は、「iPhone 6」という名称や明らかにされたモデル番号などが本物だった可能性が高そうです。

[Photo Credit:MartinHajek]

関連エントリ
「iPhone 6」、タイの国家放送通信委員会の認証を通過 ー 計2モデルで申請

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事