「iPhone 6」の各種パーツの新たな写真が流出 ー Appleロゴはリキッドメタル製に??

MacRumorsによると、Feld & Volkが、「iPhone 6」のものとされるリアケース(筐体)の新たな写真を複数公開している事が分かりました。

まず1枚目は音量調節ボタンの箇所を撮影した画像で、流出している次期iPad Airの筐体と同じ苦、音量調節ボタンの場所だけ少し凹んでおり、ボタンがあまり飛び出ない設計になっているようです。
t_iphone_6_recessed_volume
次は、Appleロゴの写真で、非常に傷つきにくい金属で作られており、リキッドメタルではないかと予想されていますが、あくまで証拠はないとのこと。
t_iphone_6_embedded_logo
次は、iSightカメラ部分の写真で、カメラのリングは直径6.66㎜でリアケースの穴に完全にフィットするとのこと。

また、iPod touchのようにカメラ部分が飛び出るデザインになるようです。
t_iphone_6_camera_ring
最後の写真は、全体写真とフレキシブルケーブルが写っており、ケーブルはホームボタンの為のものでないかとみられています。
t_iphone_6_shell_parts

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。