Appleの「iWatch」、年内の出荷台数は300万台ほど ー 著名アナリストが報告

Apple Insiderによると、Apple関連の情報では定評のあるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、「iWatch」の生産は9月から11月後半に延期され、年内の出荷台数は300万台ほどになると報告している事が分かりました。
toddham_iwatch_all 同氏は、サファイア製のカバーガラスの製造がボトルネックになる可能性があると予想しており、「iWatch」の半分はサファイア以外のカバーガラスが採用されると予想しています。

また、AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)ディスプレイをLG Displayが、タッチパネルモジュールをTPKが供給すると報告しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事