サファイアガラス採用と噂の「iPhone 6」のフロントパネルの更なる耐久テストの映像

先日にサファイアガラスを採用していると言われている「iPhone 6」のフロントパネルをナイフで引っ掻いたりする耐久試験映像を公開していたMarques Brownlee氏が、今度はサンドペーパー(紙やすり)で擦ってみた際のテスト映像を公開しました。


「iPhone 6」のものとされるフロントパネルは、これまでにナイフなどで擦っても傷が付かない事は確認されていますが、今回のテストではサンドペーパーを使って「iPhone 5s」と「iPhone 6」用のフロントパネルを擦るテストを行っており、結果はどちらも似たような感じで傷が付いている事が分かります。

しかし、サファイアガラスを採用している事が分かっている「iPhone 5s」のTouch IDの部分だけは同じサンドペーパーで擦っても傷が付いていないところを見ると、テストに使用されている「iPhone 6」のものとされるフロントガラスが本当にサファイアガラスを採用しているのかが怪しく思えてきてしまいます。
2014-07-19_1405 なお、Unbox Therapyも「iPhone 6」のフロントパネルを曲げてみたり、アーチェリーで撃ち抜くテスト映像を公開していますので、こちらもご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事