BCN、2014年上半期のNo.1メーカーを発表 ー Appleはタブレット部門で2位に陥落

BCNが、PC・デジタル家電の実売データを集計した「BCNランキング」にもとづいて、主要117カテゴリ(ジャンル)について、2014年上半期(1~6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表しました。
ipadair 同ランキングのタブレット端末部門で2013年の年間1位だったAppleは、シェア36.3%で2位に陥落し、1位はシェア38.9%でGoogleの「Nexus 7」を手掛けるASUSでした。

ただ、スマホ部門では、Appleはシェア54.1%と1位を守っています。

なお、2014年上半期No.1メーカーの詳細はこちら

関連エントリ
BCN、「BCN AWARD 2014」の受賞社を発表 – スマホ部門とタブレット部門はAppleが3年連続で受賞
「BCN AWARD 2013」発表!Appleは「スマートフォン部門」と「タブレット端末部門」で受賞

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事