BCN、「BCN AWARD 2014」の受賞社を発表 – スマホ部門とタブレット部門はAppleが3年連続で受賞

本日、BCNが、家電量販店などから集計している実売データ(POSデータ)をもとに、部門(ジャンル)ごとに年間販売数量累計1位の企業を表彰する『BCN AWARD 2014』の受賞社を発表し、スマートフォン部門、タブレット端末部門はApple Japanが3年連続で受賞した事が分かりました。

まずスマートフォン部門のApple Japanのシェアは43.9%と前年比11.9%増となっており、2位はソニーモバイルコミュニケーションズで17.7%、3位はシャープで11.3%となっています。

次に、タブレット部門のApple Japanのシェアは45.1%とこちらは前年より8%減少しており、2位のASUSが前年比約15%増の34.5%とシェアを大幅に拡大しています。

なお、他の部門の受賞会社などの詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。