シャープ、亀山工場のApple用設備の買収に向け交渉開始

本日、日本経済新聞が、シャープは三重県の液晶パネル工場の設備を米Appleから買収する交渉に入ったと報じています。
iphone5s-gallery1-2013
その設備はAppleが導入資金を負担したもので、「iPhone」用パネルを量産しており、Apple以外の中国のスマホメーカーなどにも供給出来るようにした意向のようです。

買収額は300億円程度になる見込みで、Appleはサムスン電子には供給しないことなどを売却の条件に挙げているとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。