米Apple、現地時間の7月10日より直営店で「iPad」の下取りプログラムを開始か

PatentlyAppleによると、Appleが現地時間の7月10日より、直営店で「iPad」の下取りプログラムを開始する予定である事が分かりました。
6a0120a5580826970c01a3fd2ef6fd970b 「iPad」の下取りプログラムは、既に一部の国で提供されている「iPhone」の下取りプログラムと同じように、「iPad」の利用者が自分の端末を店舗に持ち込むと、端末が正常に動作していることを条件に新しい「iPad」を購入できるクレジットを受けとれ、クレジットは端末の状態に応じて最大240ドルが付与される仕組みとなるようです。

なお、同プログラムは、まず米国でのみ提供されるものと予想されます。

[Photo Credit:PatentlyApple

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事