Apple、米フォーチュン誌の世界企業番付「Fortune Global 500」で15位にランクアップ

本日、アメリカの経済誌フォーチュンが毎年発表している世界企業番付「Fortune Global 500(フォーチュン・グローバル500)」の最新版を発表し、前年19位だった米Appleは総売上高1,709億ドル(約17.4兆円)で15位にランクアップした事が分かりました。
apple-sign-sky 1位は前年2位だった米ウォルマートで売上高は4762億ドル(約48兆)、2位は前年1位だったオランダのロイヤル・ダッチ・シェル。3位は前年4位だった中国の中国石油化工集団となっています。

また、IT関連では、Samsung電子が13位(前年14位)、フォックスコン(鴻海精密工業)が32位(前年30位)、ヒューレット・パッカードが50位(前年43位)などとなっており、上位は石油・エネルギー関連企業が多数ランクインしています。

日本企業は、トヨタ自動車が9位(前年8位)、日本郵政が23位(前年13位)、ホンダ自動車が45位(前年45位)、JXホールディングスが51位(前年44位)、NTTが53位(前年32位)といった感じでランクインしており、多くの企業が順位を落としています。

なお、ランキングの詳細はこちらへどうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事