Apple、「iTunes U」のアップデートを発表 ー 「iPad」でコースの作成や管理が可能に

本日、Appleが、「iTunes U」をアップデートし、教職員が「iPad」上で教育コンテンツの作成や編集などが可能になる事を発表しました。
iTunes U 現地時間の7月8日以降、教職員は最新版の「iTunes U」アプリを利用して「iPad」上でコースの制作や編集、管理を行う事が可能になり、学生はクラスのディスカッションフォーラムが利用可能になる事から、「iPad」から質問したり共同作業が行えるようになるとのこと。

 ・ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事