Google、RAMを2GBに倍増した「Google Glass」の改良版を発表 ー バッテリー性能も向上

The Vergeによると、本日、Googleが、メガネ型ウェアラブルデバイス「Google Glass」の新しい改良版を発表したそうです。
glass_photos4-900-75 新しいモデルはRAMがこれまでの1GBから2GBへと倍増しており、より多くのGlasswareを同時に実行し、Glasswareをより速く起動する事が可能になるとのこと。

また、バッテリーの大容量化とソフトウェアの最適化によりバッテリーが15%長持ちするようになっており、更に新しいソフトウェアアップデートも提供されるそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事