「iPhone 6」、サファイアガラスは5.5インチモデルのみ採用か

台湾の經濟日報が、「iPhone 6」と「iWatch」のサプライチェーンに関する動向を報じています。
BqEdyw7CcAAysnR まず、「iPhone 6」の4.7インチモデルのディスプレイには従来のゴリラガラスが採用され、ディスプレイはLGディスプレイとジャパンディスプレイが供給し、予てから採用が噂されているサファイアガラスについては5.5インチモデルのみに採用されるようです。

ただ、サファイアガラスについては歩留まり率などの生産問題に直面しており、2014年内は出荷台数に限りがあるとのこと。

次に、「iWatch」については、2014年第3四半期末の発売に向け、サプライチェーンは同第3四半期半ばから出荷を開始するとみられています。

また、1.3〜1.6インチのOLED(有機EL)ディスプレイを採用するものの、試作機は消費電力に問題を抱えているそうで、価格は349ドル(約35,000円)ほどになり、初期の推定出荷台数は1,000万台になる見込み。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事