一般ユーザーも先着100万名で「OS X Yosemite」のベータプログラムに直ぐに参加可能

本日発表された「OS X Yosemite」ですが、既に登録済みの開発者向けにはDeveloper Preview版の提供が開始されており、一般向けのパブリックベータ版は今夏に公開予定と案内されていましたが、先着100万名で一般の方もプレビュー版のダウンロードが可能となっています。
2014-06-03_0424
ベータプログラムへの参加申し込みはこちらから可能ですが、現在かなり混み合っており、サイトになかなか繋がらない状態となっています。

サイトにアクセス可能で定員に間に合った方は、Apple IDでサインインする事でMac App Storeから「OS X Yosemite」のプレビュー版が入手可能になるとのこと。

[via iDownload Blog

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。