「Windows 8.1」へのスタートメニューの復活は2015年までずれ込む模様

Microsoftは今年4月に将来のアップデートで「Windows 8.1」にスタートメニューを復活させる事を発表し、今年後半にも復活するものとみられていましたが、本日、ZDNetのMary Jo Foley氏が、情報筋によると、同社はこの計画を変更したようで、復活は予想よりも遅くなりそうだと報告しています。
img_4902 スタートメニューは今年8月にリリース予定の次期アップデート「Windows 8.1 Update 2」では復活されず、同社は開発グループは「Threshold」と呼ばれている次期メジャーアップデート(Windows 9)でスタートメニューを復活させるとの決定を下したそうです。

なお、「Threshold」は2015年4月にリリースされると言われています。


関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事