「iOS 8」のバナーに採用されている画像の素材が判明

MacRumorsによると、「WWDC 2014」の会場に設置されている「iOS 8」のバナーに採用されている画像の素材が分かったそうです。
ios8bannerhanging その画像はGreenboxにて販売されており、タイトルは「Water Rays」で、ナショナルジオグラフィックのチャンネルでも有名な写真家クリストファー・ロス氏による作品とのこと。
water_rays [Photo Credit:Greenbox

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事