「Windows 8.1 with Bing」のスクリーンショットが流出

先日、Microsoftがメーカーがより低価格な「Windows」搭載PCを販売できるようにする為に「Windows 8.1 with Bing」を発表しましたが、Neowin.netによると、「Windows 8.1 with Bing」のスクリーンショットが流出した事が分かりました。
w81withbing
「Windows 8.1 with Bing」は低価格PCのプリインストール版でのみ提供され、「Internet Explorer」のデフォルトの検索エンジンが「Bing」に設定されている以外は「Windows 8.1」と変わらないOSで、購入者は自分で検索エンジンを変更可能となっています。

なお、スクリーンショットからは特に目新しい箇所は見つかっていないものの、同OSを搭載したPCは6月3日から台湾の台北で開催される「COMPUTEX TAIPEI 2014」で多数発表される予定です。

[Photo Credit:CentrumWindows

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。