「iOS 8」で導入と噂の画面分割によるマルチタスク機能は「WWDC」では披露されず?!

先日、「iOS 8」では「Surface」のスナップ機能のように「iPad」でも2つのアプリを画面分割で同時に表示する事が出来る新しいマルチタスク機能が利用可能になる可能性があるとの情報が報じられましたが、本日、New York TimesのBrian Chen氏が、同機能はまだ準備が出来ていない事から「WWDC 2014」では発表されないようだとツイートしています。
multitasking_air 同機能は、2つのアプリを同一画面内で同時に表示させる事が可能になり、同時に表示させたアプリ間でテキストやビデオ、画像などのコンテンツをドラッグ&ドロップする事が出来るようになったりするものとみられています。

また、この機能は9.7インチの「iPad」向けに設計されており、「iPad mini」で動作するかは不明で、更にランドスケープモード(横向き)でのみ動作すると言われています。

[via MacRumors

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事