タッチ操作に最適化されたWindows向け「Office」の新たなスクリーンショットが明らかに

本日、Microsoftの研究所部門であるMicrosoft Research公開したプレゼン映像から、タッチ操作に最適化されたユーザーインターフェイスを採用した「Office」こと「Office Touch for Windows」(仮称)の新たなスクリーンショットが明らかになりました。

そのスクリーンショットの一部が下記の通りですが、「BUILD 2014」で披露されたUIとは少し違っており、まだ開発途中のUIと予想される事から実際に正式リリースされる頃には更なる変更が加えられているもの思われます。

Word

word-main-2
word-with-penmarks-2
word-comments3-2

Excel

excel-main-2
excel-search-w-pen2-2
excel-w-penmarks-2

PowerPoint

ppt-pen-n-touch-2
ppt-w-penmarks-2

Outlook

outlook-pen-2
outlook-w-penmarks-2
outook-calendar-2

なお、情報元のPaul Thurrott氏のサイトには他にも複数のスクリーンショットが掲載されているので、是非ご覧下さい。

[via Paul Thurrott

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。