Microsoft、「Windows 9」や「Office 2015」に加え、「Windows 365」を開発中

以前にWindows関連のリーク情報で実績があるWzor氏が、フル機能を利用するにはインターネット接続必要で、オフライン時は「Windows Starter」のような制限付きのOSになる「Windows Cloud」と呼ばれるOSを開発していると明らかにしていましたが、MicrosoftがこのOSの事を「Windows 365」と呼んでいる事が分かるFacebookの投稿のスクリーンショットが明らかになりました。
windowsbluelogo
そのスクリーンショットが下記画像で、他にも「Windows 9」や「Office 2015」などの開発状況が記載されており、「Windows 365」の開発状況はアルファ版である事が分かるものの、「Windows 9」や「Office 2015」の開発状況は塗りつぶされており、確認することが出来なくなっています。
screen_329_zps61da2dbe

[via WinBeta

関連エントリ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。