「iPhone 6」の5.5インチモデルはサファイアガラス採用で、生産台数は限定的に?!

MacRumorsによると、中国版TwitterことWeiboにて、サプライチェーンの情報筋の話として、「iPhone 6」の5.5インチモデルはサファイアガラスの製造コストが高い事から、生産台数は限定的になるとだろうと報告されている事が分かりました。
iPhone-6-ecran-bordures-02 5.5インチモデルのディスプレイには高品質のサファイアガラスを採用するようで、サファイアガラスを採用したディスプレイのコストは約280ドルになるとみられており、「iPhone 5s」のディスプレイより44ドル以上もコストアップになってしまうとのこと。

[Photo Credit:Martin Hajek

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事