ビル・ゲイツ氏、自身の持つMicrosoft株売却は2014年末までで止める予定

先日、米Microsoftの共同創業者であるビル・ゲイツ氏が同社の株式460万株を売却し、同社の個人筆頭株主はゲイツ氏から前CEOのスティーブ・バルマー氏へと代わった事が明らかになりましたが、ゲイツ氏は自身が持つ株式の売却を2014年末まででやめる事を明らかにしました。
BillGates2
これはCNBCのインタビューで明らかにしたもので、同氏は「過去10年以上、四半期ごとに株式を売却してきた。その計画は今年末まで続ける予定。私は同社の株式の多くを保持するつもりだ」と述べたそうです。

なお、ゲイツ氏の現在の持株数は3億3014万1164株で、バルマー氏の持株数は3億3325万2990株となっています。

[via Neowin, ITmedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。