「MacBook Air (Early 2014)」の内部デザイン、前モデルから大きな変更はなし

分解レポートでお馴染みのiFixitが、昨日に発売された「MacBook Air (Early 2014)」を分解し、本体内部の設計に特に新しい箇所は見つからなかったと報告しています。
cCYd6XJypZO4oOP5 変更箇所としては、プロセッサが新しくなっているだけで、iFixitは早速、「MacBook Air (Early 2014)」の11インチと13インチのリペアガイド(修理ガイド)を公開しています。

 ・MacBook Air 11″ Early 2014 guides
 ・MacBook Air 13″ Early 2014 guides

[Photo Credit:iFixit

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事