Microsoftの「Internet Explorer 6~11」に未解決の脆弱性が見つかる

現地時間の4月26日、米Microsoftが「Internet Explorer 6~11」に未解決の脆弱性が見つかった事を明らかにし、その脆弱性に関する情報を公開しました。
IE10 対象となるのはほぼ全てのWindows OS上の「Internet Explorer」で、脆弱性は削除されたメモリや適切に割り当てられていないメモリ内のオブジェクトに「Internet Explorer」がアクセスする方法に存在しており、悪用された場合、Webサイトの改ざんや、不正なコンテンツを仕込んだWebサイトを閲覧させ、リモートで任意のコードを実行される恐れがあるとのこと。

修正アップデートについては、調査が完了次第、月例もしくは臨時に公開する予定で、当面の対策としては、Enhanced Mitigation Experience Toolkit 4.1/5.0 Technical Previewの適用が有効で、「Internet Explorer 10/11」の場合は拡張保護モードを有効にすると影響が緩和されるそうです。

なお、対象となるOSとInternet Explorerのバージョンについてはこちらをご覧下さい。

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事