KDDI、受信最大速度150Mbpsの「キャリアアグリゲーション」を今夏に導入へ

本日、KDDIが、2014年夏を目途にLTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術であるキャリアアグリゲーションを日本で初めて導入する事を発表しました。
p_index_01ca キャリアアグリゲーションは、複数の周波数帯で同時にLTEのデータ通信を可能とするもので、周波数毎に受信したデータを足し合わせることにより最大で150Mbpsの通信速度を実現し、周波数の帯域を効率的に利用することで、より安定した高速データ通信の環境を提供するとのこと。

また、受信最大速度150Mbps対応の基地局は、導入時点で約2,500局で、2015年3月末には一気に全国約20,000局に拡大するそうです。

 ・プレスリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事