流出した金型写真から「iPhone 6」が大型化する事が確認される??

今朝、Foxconnの工場で撮影されたという「iPhone 6」の製造用の金型や図面などの写真が流出しましたが、nowhereelse.frが、「iPhone 6」用とされる金型と「iPhone 4s」との比較画像を新たに公開しました。
Moule-iPhone-6
そして、金型の大きさがそのまま本体サイズになる訳ではないものの、この金型を利用するデバイスの大きさは最低でも幅約64㎜、高さ約138㎜と予想され、4.7インチモデル用の金型ではないかとみられています。
iPhone-6-Dimensions
ただ、この金型が本当に「iPhone 6」用であればの話で、「iPhone」の筐体はこれまでは切削加工で製造されており、ケースメーカーのケース用金型の可能性もあります。
[via nowhereelse.fr

関連エントリ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。