米Apple、「iPad Air」の活用事例として新たに「Bollywood Vision」を公開

本日、米Appleが、「iPad Air」の活用事例を紹介するページ『Your Verse』にて、新たな活用事例である『Bollywood Vision』を公開しました。
2014-04-08_0738 「Bollywood」とはインド・ムンバイの旧称「ボンベイ」の頭文字「ボ」と、アメリカ映画産業の中心地「ハリウッド」を合わせてつけられた同地域の映画産業全般の俗称で、『Bollywood Vision』は「Bollywood」のトップコレオグラファー(振付師)であるFeroz Khan氏の活用事例を紹介しています。
(via Wikipedia

同氏は各ショットのフレーミング、あらゆるダンスステップのファインチューニングまで、映画制作の様々な場面でiPadを活用しており、iPadを使うと、監督やダンサー、制作チームに自分のビジョンをすばやく簡単に伝えることが出来るとのこと。

 ・Bollywood Vision

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事