第3世代Surfaceは6月頃から量産開始で、第4世代Surfaceの開発も既にスタートか?!

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、Microsoftは既に「Surface」の第4世代モデルの開発に着手しており、9月に一部部品の試作を開始するようだと報じています。
10_Surface_2
また、第3世代モデルについては、2013年以来、部品の出荷が開始されており、Pegatron Technologyは今年第2四半期末(6月)にも量産を開始する事が予想されているとのこと。

なお、第4世代モデルについては、Pegatron Technologyが引き続き製造し、2015年6月に発表され、同10月に発売されるものとみられています。

ただ、DigiTimesの記事には、”先日の「BUILD 2014」で「第3世代Surface」が発表された”とも書かれているなどちょっとおかしいとこもあるので、話半分で捉えておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。