東芝やレノボが4K液晶搭載ノートPCを夏までに発売へ

東芝は今年1月に開催されたCES 2014で、初の4K液晶搭載ノートPCを展示していましたが、Engadgetによると、その4K液晶搭載ノートPCの正式名は「Satellite P50t」で、2014年第2四半期(4〜6月)中に発売される事が分かりました。
Satellite-p50t-b-2013-03-19-01 「Satellite P50t」のスペックは下記の通りで、価格については不明とのこと。

・ディスプレイ:15.6インチ(3840×2160ピクセル/282ppi)
・CPU:Intel Core i7
・RAM:16GB
・GPU:AMD Radeon R9 M265 2GB
・重さ:2.2㎏
・USB:3.0×4ポート
・無線:Bluetooth 4.0, 802.11ac
・OS:Windows 8.1

また、4K液晶搭載ノートは東芝以外にレノボも発表しており、こちらは5月に出荷開始予定です。

なお、次期MacBook Proシリーズは5〜6月頃にCPUなどがスペックアップされたマイナーアップデートモデルが発売されるものと予想され、その次のモデルくらいからは更に高解像度のRetinaディスプレイが搭載されるのかもしれません。

追 記

その後、ASUSが来月にも4K液晶搭載ノートを発表するとのも出てきました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事