Apple、「OS X Server 3.1」をリリース

本日、Appleが、Mac App Storeにて「OS X Server 3.1」の配信を開始しています。

OSXServer
今バージョンでの新機能は下記の通り。

  • プロファイルマネージャでDevice Enrollment Programをサポート
  • フォント、AirPrint、およびWi-Fi Hotspot 2.0設定の管理
  • 大きなディレクトリと同期する際の改善されたプロファイルマネージャの拡張性
  • 監視対象iOS 7.1デバイスでのアクティベーションロックの管理
  • “マイデバイス”ポータルへのアクセスおよびデバイス登録のための強化された承認

OS X Server
価格: ¥2,000

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事