Microsoft、Windows Phone向けにスキャナーアプリ「Office Lens」をリリース

本日、Microsoftが、ホワイトボードや書類の内容を撮影した写真にトリミングや拡張を行い、読み取り可能なデータにしてOneNoteに保存できるWindows Phone向けアプリ「Office Lens」をリリースしました。
Office Lens
「Office Lens」は手軽で便利なスキャナーのように使え、ホワイトボードの写真をキャプチャしてミーティングの議事録を同僚と共有したり、紙の文書や名刺、ポスターなどをデジタル データとして保存したりする事が可能です。

また、「ホワイトボードモード」と「ドキュメントモード」が用意されており、それぞれの場面に合わせ光や色合いなどを調整してくれるようになっています。
Office Lens2
価格は無料で、対応OSは「Windows Phone 8/8.1」となっており、利用するにはMicrosoftアカウントが必要です。

 ・Office Lens – Windows Phone Store

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。