iPhone 5/5s用のカメラグリップ型コントローラー「Snappgrip」、3月末に発売へ

以前にKickStarterで資金集めを行っている事を紹介したiPhone用カメラグリップ型コントローラー『Snappgrip』がついに発売される事が分かりました。
image-292320-full_large 『Snappgrip』は「iPhone 5/5s」に対応しており、専用のケースに『snappgrip』を取り付けるとBluetooth接続で本物のカメラと同じ操作感で写真撮影が可能になります。

また、写真の撮影用に専用のカメラアプリが用意されており、グリップ部分で専用アプリの各撮影モードの変更やズーム・ズームアウトなどの操作も可能で、『Snappgrip』を他のアプリでも利用可能にする為のAPIの開発も行われているとのこと。

本体カラーは「iPhone」に合わせてホワイトとブラックが用意されており、使わない時はグリップ部分は取り外しが可能で、充電はmicro USBでスタンバイ時間は60時間、本体下部には三脚用のネジ穴も用意されています。
image-292321-full_large なお、出荷開始時期は3月末の予定で、本体価格は69.99ドル(約7,000円)で日本までの送料は12.95ドル(約1,300円)となっています。

 ・Snappgrip

[via BGR

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事