「iOS 7.1」は「iOS 7.0.6」に比べバッテリーの減りが早くなった??

先日、「iOS 7.1」が正式にリリースされましたが、「iOS 7.1」へアップデート後にバッテリーの減りが早くなったとAppleサポートディスカッションフォーラムTwitterで多数報告されている事が分かりました。
iPhone-Battery また、下記グラフはArsTechnicaが「iOS 7.1」と「iOS 7.0.6」を搭載した各種iOSデバイスのバッテリー駆動時間を調査した結果で、「iOS 7.1」の方がバッテリー駆動時間が短くなっているように見えますが、多少の誤差もあるとのことで、「iOS 7.1」の方が少し駆動時間が短くなったかな…といったところでしょうか。
battery-fixed_-again_ なお、一部ユーザーはクリーンインストール(復元)すると問題が解決したと報告しているそうです。

バッテリーに関する問題は「iOS」のアップデートごとに報告されているのが現状で、もしバッテリーの減りが早いなと思う方は、設定の見直しや復元を試してみると良いと思います。

[via 9 to 5 Mac

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事