「iPhone 5c」の在庫数は300万台以上に?!

DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーによると、Appleの「iPhone 5c」は予想を下回る販売実績であった事から出荷台数は2013年末で大幅に減少し、同モデルの在庫数は300万台以上に達しているとの噂があると報じています。
その内訳としては、組み立てを請け負っているPegatron Technologyで約200万台、通信事業者や代理店で100万台以上とみられており、情報筋は「iPhone 5c」の売れ行きが悪い原因は、予想を上回る価格と他の最新機種からすると小さい4インチディスプレイにあると述べており、Appleは2013年末で「iPhone 5c」の発注を停止したとの情報もあるとのこと。


関連エントリ


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事