Apple、新型iPhoneなどの製品開発を加速する為に中国や台湾で多数の技術者を雇用

ウォールストリートジャーナルが、問題に精通している人物によると、Appleは製品開発を加速する為に、中国や台湾で数百人規模の新たなエンジニアやサプライチェーンのマネージャーを雇用しているようだと報じています。


Appleは中国で過去2年間に数百人のエンジニアや運用スタッフを雇用しており、中国のスタッフの総数は600人を超えているとのこと。

また、AppleはHTCなど台湾のハイテク企業からも技術者を多数雇用しており、同社は新しいiPhoneを開発を加速する為に台北にエンジニアリングチームを編成しているそうです。

ウォールストリートジャーナルは今年1月に、問題に精通した関係筋によると、Appleは4.5インチ以上と5インチ以上のディスプレイを搭載した新しい「iPhone」を発売するようだと報じていましたが、今回もその情報を繰り返し報じています。


関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事