「iOS 7.0.6」で修正されたSSLの脆弱性は「OS X」にも存在する事が判明 ー Appleは近日中に修正アップデートをリリースへ

昨日、SSL接続時の検証に関する問題が修正された「iOS 7.0.6」と「iOS 6.1.6」がリリースされましたが、同問題は「OS X」の最新版である「OS X 10.9.1」にも存在しており、まだ修正されていない事が分かりました。

これについて、Appleの広報担当者は既にこの問題を認識しており、すぐに修正アップデートをリリースする予定である事を明らかにしています。

修正アップデートが単体のセキュリティアップデートでリリースされるのか、「OS X 10.9.2」としてリリースされるのかは不明ですが、数日中にリリースされるものと予想されます。

[via Apple Indsier, Engadget Japanese

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。