Facebook、メッセージングアプリの「WhatsApp」を約160億ドルで買収

本日、米Facebookが、モバイルメッセージングアプリを手掛ける米WhatsAppを買収することで合意に達した事を発表しました。


買収総額は現金と株式を合わせて160億ドル(約1.6兆円)になるとみられており、日本では同様のメッセージングアプリと言えば「LINE」が人気ですが、世界的に見ると「WhatsApp Messenger」の方が人気で、そのユーザー数は4億5000万人と言われています。

なお、Facebookには「Facebook メッセンジャー」というメッセージングアプリがありますが、買収後も「WhatsApp」は独立したサービスとして運営され、統合する計画はないとのこと。

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事