AppleとGoogle、「Flappy Bird」のクローンアプリの対策を開始 − タイトルに「Flappy」が入るアプリを承認せず

先日、「Flappy Bird」が人気絶頂の中配信を停止した事が話題になり、その後、「Flappy Bird」を真似たクローンアプリがApp Storeに多数登場しているのですが、Appleがこの件について対策し始めた事が分かりました。

TechCrunchによると、複数の開発者が、Appleはアプリのタイトルに「Flappy」といった単語の入ったアプリを承認しなくなったと報告しているそうで、既にリリース済みのタイトルでもApp Storeから削除された例もあるとのこと。

なお、AppleだけでなくGoogleも同様の措置を行っている模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。