2013年の国内パソコン出荷実績:メーカー別シェアのトップはNECレノボで、Appleは6位にランクイン

本日、MM総研が、2013年暦年(1月~12月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表し、出荷台数は前年比0.1%減の1519.1万台だった事が分かりました。

内訳は個人向けが前年比23.3%減の569.6万台、企業・官公庁向けのメーカー直販と販売店販売を合計した法人向けが前年比21.9%増の949.5万台となり、個人向けはスマホやタブレットの用途重複による需要減退が進んだとみられ、法人向けは「Windows XP」のサポート終了に伴う買い換え需要が活性化した事から増加したものとみられています。

また、メーカー別シェアでは、1位はNECレノボで、2位に富士通、3位に東芝がランクインし、Appleはシェアを拡大し、ソニーと同率の6位となっています。

【image source:MM総研】

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。