ソニー、新型iPhoneのFaceTimeカメラ用CMOSセンサーを供給か?!

本日、日本経済新聞が、ソニーはAppleが来年(?!)にも発売する新型iPhone向けに画像センサーの供給量を倍増させる為に交渉に入ったようだと報じています。


両社が具体的な協議を始めたのは「電子の目」とされる電子部品のCMOS(相補性金属酸化膜半導体)センサーで、ソニーは既にiSightカメラ用のほとんどのセンサーを供給しており、Appleはフロントカメラ(FaceTimeカメラ)用センサーもソニー製に切り替えるものとみられています。

また、ソニーは「iPad Air」向けにバッテリーの供給も開始しているそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事