「iWatch」の多段構造のステップドバッテリーを採用し、サムスンやLGなどが供給か?!

The Korea Heraldが、Appleは「iWatch」のバッテリーにリチウムイオン電池を採用する事を考えており、業界筋によると、そのバッテリーはサムスンSDIとLG化学、Tianjin Lishen Battery(天津力神电池)が供給するようだと報じています。

AppleはLG化学の2段以上の階段構造をもつ一体型バッテリー「ステップドバッテリー」を採用するとの情報もあるそうですが、サムスンもLGもこの件についてはコメントを辞退したそうです。

「ステップドバッテリー」は、従来の平たい四角形の形から脱皮し階段の形をもつ多様な形状で製造でき、様々な形状のデバイスに最適化されたバッテリーを搭載出来る利点があります。

なお、「iWatch」は今年後半にリリースされる予定と言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。