移転予定の新しい「Apple Store, San Francisco」は巨大なガラス製スライドドアが特徴に

米Appleはサンフランシスコにある基幹店「Apple Store, San Francisco」を3ブロック離れたユニオンスクエアへ移転する事を計画していますが、9 to 5 Macによると、その移転後のストアの新しい完成予想図が公開されたそうです。

新たな特徴としては高さ約45フィート(約13.7m)、幅23フィート(約7m)のガラス製スライドドアが設置されるようで、この大きなドアが閉まっている時はその横に設置された通常サイズのドアから出入りする仕組みになっています。

【ドアオープン時 / image source:9 to 5 Mac】

【ドアクローズ時 / image source:9 to 5 Mac】

なお、同店舗の開店時期はまだ不明で、9 to 5 Macには上記以外の完成予想図が多数掲載されているので、是非ご覧下さい。


関連エントリ


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事