米メイン州ケネバンクの中学校で「iPhone」が爆発炎上する事件が発生

DailyNewsによると、米メイン州ケネバンクで、女子中学生がズボンの後ろポケットに入れていた「iPhone」が爆発炎上する騒ぎが起きていた事が分かりました。

【image source:DailyNews

女子中学生は後ろポケットに「iPhone」を入れていて、座った瞬間に爆発したそうで、ズボンには焼けたと思われる複数の穴が開き、窓を開けなければいけない程の煙だったそうです。

中学生は軽い火傷負ったようですが、治療を受け、今週月曜日よりまた学校に普通に登校出来る模様。

なお、爆発の原因は現在調査中とのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事