「iOS 8」は「Healthbook」と呼ばれる健康&フィットネストラッキングアプリを搭載か?!

本日、9 to 5 Macが、Appleの現在の計画を知る情報筋によると、次期iOSこと「iOS 8」にはフィットネストラッキング機能が統合される予定だと報じています。

【image source:MATT BODELL

「iOS 8」には「Healthbook」(コードネーム)と呼ばれるアプリが搭載され、同アプリは消費カロリー、歩数、体重などに加え、血圧、含水率、心拍数などもトラッキング可能とのこと。

また、薬の情報を入力でき、決められた時間に薬を飲む事を促してくれる機能も内蔵され、これについてはiOS標準のアラーム機能と統合される可能性が高いとみられています。

「Healthbook」のプロトタイプのアイコンは「Passbook」のアイコンに似ており、ユーザーインターフェイスも「Passbook」と同じようなカードを基本としたものになるようで、「iPhone 5s」に搭載されているM7コプロセッサは歩数などは測定可能なものの、血圧、含水率、心拍数などのバイタルサインの測定は出来ない為、そこで「iWatch」が利用されるのではないかとみられており、「iWatch」は順調に開発が進められているとのこと。

また、Appleは小型化する為にいくつかの異なるセンサーを1つのチップセットに内蔵する技術を開発したとの情報もあるそうです。

(Passbook)

他にも、「iOS 8」のコードネームは「Okemo」と呼ばれており、これは歴代の「iOS」と同じくスキーリゾートの名称がコードネームになっており、Appleは上記のフィットネス機能以外に地図アプリの強化にも取り組んでいるとの情報もあるようですが、こちらの開発は順調に進んでいないそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事