任天堂、スマホ向け情報アプリを年内に提供へ ー 「マリオ」など人気タイトルの移植は否定

任天堂の岩田聡社長が、本日開催した経営方針説明会にて、年内にスマートフォン/タブレットなどスマートデバイス向けアプリサービスを提供する計画を明らかにしました。

【image source:mactrast

アプリ開発は既に進められており、「マリオ」など人気キャラクターも使用し、年内に何らかのアプリサービスを公開する予定であるものの、ゲームの移植は否定し、ゲーム情報を発信するアプリ(応用ソフト)になる予定とのこと。

任天堂としては、スマホ活用は、ゲーム機を持っていない人にも魅力を伝え、興味を持ってもらうきっかけにしたいと考えており、残念ながらマリオなどの人気タイトルがスマホにも移植される訳ではないようです。

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事