Apple、「A8」プロセッサの封止・測定業務をAmkor、STATS ChipPAC、ASEの3社に委託か?!

DigiTimesが、業界筋によると、米Amkor、台湾STATS ChipPAC、台湾ASEの3社が、Appleの次世代「A」シリーズプロセッサである「A8」プロセッサの封止・測定(パッケージング・テスティング)業務の注文を獲得したようだと報じています。

(画像はA7プロセッサ)

AmkorとSTATS ChipPACがそれぞれ40%ずつ、ASEが残りの20%を請け負うようで、「A8」チップは単一のパッケージ内にプロセッサやモバイルDRAMを搭載したPackage on Package(PoP)SoCソリューションになるといった情報もあるとのこと。

また、台湾のTSMCは2014年第2四半期(4〜6月)に20nmプロセスを使用して「A8」プロセッサの生産を増加し始めるとの情報もあるそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事