Apple、「iWork for iCloud」を各アプリをアップデートし、新機能を追加

本日、Appleが「iWork for iCloud」(beta)の各アプリをアップデートました。

なお、アップデートによる各アプリの新機能の詳細は下記の通り。

Pages for iCloud

  • パスワードを追加して共有書類を保護
  • 他のユーザがあなたと共有した書類のリストを表示
  • フローティングテーブルの挿入、編集、フォーマット
  • 表セルテキストにリッチフォーマットを適用
  • ページ番号、ページ総数、および脚注の挿入
  • アンカー/インラインイメージ、図形、およびテキストボックスのスタイル設定
  • オブジェクトの回転、リサイズ、位置変更を正確におこなうためのキーボードショートカット
  • 読み込まれた書類の巻末注編集のサポート
  • 本文テキストおよびドキュメントマネージャのVoiceOverサポート強化
  • バグ修正と安定性の向上

Numbers for iCloud

  • パスワードを追加して共有スプレッドシートを保護
  • 他のユーザがあなたと共有したスプレッドシートのリストを表示
  • 隣接するセルへのテキストの流し込み
  • 表セルテキストにリッチフォーマットを適用
  • オブジェクトの回転、リサイズ、位置変更を正確におこなうためのキーボードショートカット
  • 読み込まれた書類の巻末注編集のサポート
  • ドキュメントマネージャのVoiceOverサポート強化
  • バグ修正と安定性の向上

Keynote for iCloud

  • パスワードを追加して共有プレゼンテーションを保護
  • 他のユーザがあなたと共有したプレゼンテーションのリストを表示
  • オブジェクトの回転、リサイズ、位置変更を正確におこなうためのキーボードショートカット
  • フローティングテーブルの挿入、編集、フォーマット
  • 表セルテキストにリッチフォーマットを適用
  • ドキュメントマネージャのVoiceOverサポート強化
  • バグ修正と安定性の向上

[via Macお宝鑑定団Blog

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。