iPhoneと車の連携機能「iOS in the Car」の最新のスクリーンショットが明らかに

9 to 5 Macによると、自動車と「iPhone」をWi-Fi及びUSB経由で連携できる「iOS in the Car」の新たなスクリーンショットを開発者のSteven Troughton-Smith氏が公開したそうです。


公開されたスクリーンショットから、Appleが公式サイトで公開しているUIから更に改良が進められている事が分かり、ステータスバーやホームボタンが画面下部から画面左端へと移動しています。

(今回公開された新しいスクリーンショット)


(Appleの公式サイトで公開されているスクリーンショット)

また、ホーム画面も「iPhone」や「iPad」などと同じようなデザインになる模様。


なお、上記スクリーンショットは開発途中のものを撮影した画像の為、正式版ではUIが更に変更される可能性があり、「iOS in the Car」は「iOS 7.1」と共に提供が開始されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事